S.Sato

2018新卒入社

目標への最短ルートを考え
入社を決意

- ラストワンマイルに入ろうと決めた理由を教えてください。

ラストワンマイルの第一印象はとにかく人がいい!でした。
この会社は他の会社とは違うなというのを感じて興味を持ちました。
早く役職などに就いて、大手の会社に行く人よりも多くの経験をしたいという気持ちでしたので、若いうちからチャンスが多いことに惹かれて入社を決断致しました。

元々大手企業に入りたいという気持ちもなかったですし、業種も全く絞っていなかったです。
決められた仕事をただこなすようにはなりたくないと思っていたのでベンチャー思考でした。ですので業種や職種で絞らずに色々なベンチャー企業を見ていました。

もともと独立願望は持っていて【自分の生きた印】ではないですが、何か形に残したいという希望がありました。
学生時代は飲食でアルバイトをやっていたのもあり、料理をするのは今でも好きなので、いつかは飲食店の経営をしたいと考えていたので成長できる環境かどうかを大切に就職活動をしていました。

説明会で聞いた「役職が人を成長させる」という言葉が印象に残り、入社したら上の役職に就けるような行動をしていこうと決めておりました。

チーム一丸となり
同じ目標を追うこと

- 仕事をする上での、楽しさと辛さを教えてください。

様々なサービスを届けていますが、お客様に合ったものを提案し、結果的に感謝されることは嬉しいです。
当然ですがやっぱり営業会社なので契約が取れたときも嬉しいですね!

自部署のことですと、まだ入社2年目ですが部下も持ち、部下の生活を背負っているわけで責任は重く感じています。その中で部下が結果を出したときが一番嬉しいです。
予算を追っている中で部署全員が同じベクトルで目標を追い、最終的に達成できたときは本当に気持ちいいです。

あとは部署の仲間同士、年齢が近いこともあり良い意味で距離が近く仲も良いので、仕事終わりの食事や飲み会も楽しいです。

常にクオリティーを意識し
プロフェッショナルであり続ける

- 仕事を通じて成長を感じることはありますか?

まずは普通に電話でしっかり対応ができるようになったことですね!
もともと就職するまでは当然ですがお客様や企業様と電話で話しする機会などなかったので、最初は応対もままならなかったですが、今では電話のプロフェッショナルになっています。
これに関しては、誰かが僕のことをプロだと言った訳ではなく気持ちの問題で、仕事をするにあたって大前提としてプロフェッショナルでなければいけないと考えています。
お客様からしたら新人もベテランも関係ないのでプロ意識を持つようにしています。

近づく方法というのは少し難しいですが、その意識で取り組み続けることが大切だと思いますね!
僕はプロだと思って仕事に向き合い続けることにつきます。そう思わなければ自信もつきませんし、契約もとれないと思います。

あとは営業力がついたことです!
基礎に関しては研修があり、その後も頻繁に上司の方に教えていただいたので身に付けることが出来ました。
今では部署を持てたことにより、マネジメント力や組織構築のノウハウなどが、少しずつですが成長を実感してきています。 ここからはさらに上の役職に上がれるよう色々なことを新たに身につけ、日々部署の仲間と向き合いながら仕事に取り組んでいきたいです。

個の価値を高めていく

- 最後に、就活生にメッセージをお願い致します!

「お金は追うものではなくついてくるものだ!追うのは夢です!」

何が言いたいかというと、給料で会社を選ぶのもひとつですが、将来的に生き抜いていくためにはやはり自分の価値を上げなければいけない。
だからこそ、どれだけ成長できるかを踏まえて決断していくのをお勧めします!

自分の価値、能力さえあれば将来どうにでもなります!なりたい自分になれるように頑張ってください!