N.Nakamura

2012中途入社





N.Nakamura

カスタマーディライト推進事業部
2012中途入社

更なるキャリアアップを
求めて

- 現在に至るまでの経歴を教えてください。

2009年大学卒業後、不動産会社就職しました。その後医療業界へ営業として転職しましたが、年功序列のため、いくら成績をあげても給料UPは微々たるものでした。

自分の力を試してみたくて、更なるキャリアアップを求め2012年Bestエフォート(LOMの前身)に入社。
最初は管理業務(総務・経理・人事・労務)を一人でこなし、会社規模が大きくなり、財務経理部長に就任しました。

2017年7月より産休育休に入り、2018年4月社長室室長として復帰。現在は広報業務や自社サービスの企画運営をメインに行っています。

常に一番効率の良い方法を

- 仕事と育児の両立で、成果を出すために気をつけていることはありますか?

限られた時間で、最大限のパフォーマンスを発揮することです。
育児をしていると時間は限られてくるので、どんな手順で仕事をすれば良いのか等、一番効率がいい方法を常に考え行動しています。

あとは仕事でも育児でもどちらも言えることですが、 相手が何を求めているのか理解し、求められている以上のことを行うことです。 先読みできる人間は強いと考えています。

子育てと共に
変化する環境

- 子育てをするようになって、仕事の仕方に変化はありましたか?

時間の使い方が変わりました。
子供が産まれるまでは夜まで仕事をしていましたが、出産後は夜は子供と遊んで一緒に寝てしまうことがあるので、その分早く起きて仕事をしています。
朝は夫が保育園への送りをしてくれる分、朝に仕事をするようになりました。

一番大きな変化は、会社が社長室というポジションを用意してくれたことです。
元々は財務経理でしたが、確認作業がかなり多く元のポジションでの復帰は厳しかったため、社長室で企画等させてもらうことになりました。会社が与えてくれた環境に感謝しています。

働くママのために

- 働くママとしての今後の目標をお聞かせください!

最近、結婚・出産を迎える従業員が増えてきて、更に働くママが増えていくと思うので、働くママの環境を整えることです。ゆくゆくは託児所を作りたいと思ってます。
通勤時間をずらしたりすることで、満員電車に乗らずに子供と出勤できて、子供とのふれあいの時間を少しでも長くとってほしいと考えてます。

まずは託児所を設立し、その後は託児所内での教育にも力をいれていきたいと思います。